みちこさまでございます。
目元のメイクの表現が難しゅうございました。
またもや、全然星組の話ではありませんが、
104期の合格発表がありましたね。
いつになく様々な噂が飛び交っておりますが、
何はともあれ、、、
おめでとー!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドン・ジュアンのポスターが出て
衝撃を受けすぎた、、、って話。

アダルトすぎるでしょ!
会社のパソコンでは
見てはいけない画像ですよ、これは!
ドン・ジュアンの衝撃

衝撃的過ぎてなぜかノートPC を閉じてしまいました。
その後、PCの画像を急いで閉じて
スマホで開き直して、ポスター画像保存しました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6859747535162946"
data-ad-slot="3217385715"
data-ad-format="auto">

【ドン・ジュアンポスター画像ページ】
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/06_donjuan/poster.html

一体何人が今日の昼休みに
心のなかで悲鳴をあげたことか・・・

ああ、怖い。
あの画像の中に写っているのは全部女性だなんて
信じられない。
信じない!

それにしても、全体に漂う昭和感はなんだろう。
キャバクラやクラブではない、
キャバレーなどの雰囲気…。

だいもん(望海風斗)を囲む
3人の娘役の顔を写さないことで、
いかがわしさが増す上に
誰がヒロインなのかはっきりしない。。。

生田くんの手のひらで
まんまと踊らされている感が否めないけれど
悪い気はしないよ!

だからもっと燃料くれ。


 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

1日1アイコン

を、目標に。


花組アイコン

全然花組の話題ではないですが、
今日のスカステで、雪組ローマの休日の
制作発表後のちぎちゃん(早霧せいな)と
みゆちゃん(咲妃みゆ)の二人のトークがやってましたが、
ただ、二人ののろけ話を聞かされたような感じでしたね!!
まったくけしからん!もっとやれ!!


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が、どの組の記事になるのか
視覚的にすぐに分かるように、 
各組のアイコンを作って
文中に貼っておこうと考えていたのですが 、
全組のアイコンが出来上がる前に
どんどんいろんなニュースが出てくるので
追いつかない状況でした。。。

ようやく各組のアイコン下書きまで出来たものの
色塗りで苦戦中。。。
もう白黒でもいいかな…
色塗り難しいや…。

しかし、アイコンを作るために
各組トップさんの顔を、輪郭から鼻の穴から
じっくり見つめていると、やっぱりいろいろ特徴あるなぁ、
と思います。
ただぼんやり見ているだけでは気が付かない点が
発見できてとても楽しいです。

例えば、みりおちゃんは鼻が長くて、口が横に広め。
唇も分厚いのを小さめに見えるように口紅を塗っている。
みっちゃんは顔の輪郭のうち、下のほうがややふっくら。
頬骨も目立つので、その影が必ず入る。
まさおとまあくんは、唇の線がまっすぐではなく、
唇の真ん中で綺麗に山を作ってる。
特にまあくんは、広角がにゅっと上がり気味で猫のよう。
ちぎちゃんは目がすっとしていて、
目が大きな印象はなかったけど、黒目がちな瞳をしてる。

 
各人の特徴を捉えつつ描いているつもりだけど
何故か色を塗るとそれぞれの特徴が消えてしまう…
たすけて… 


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6859747535162946"
data-ad-slot="3217385715"
data-ad-format="auto">

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事中、なんとなーく宝塚公式HPをチェックしていて
びっくりしました。
なにが、って。これですよ。

雪組 東京宝塚劇場公演千秋楽
浪漫活劇「るろうに剣心」
ライブ中継について

えーーーーー!!
びっくり!!
退団公演でもないのに、
ライブ中継ですってよ!!
どれだけ人気なんだ~~!!

しかし、これは嬉しいですね。
関西組の私としては大変嬉しいです。

でも、 よくよく見ると、注意書きが…

※千秋楽挨拶、退団者挨拶の中継はございません。
あらかじめ、ご了承ください。

ご了承しないよ~。
どうせライブ中継するなら挨拶までやってよーー!! 
千秋楽観劇の楽しみの一つじゃないのさ。
ちぎちゃんの勢い余って噛みまくる挨拶が聞きたいよ~。
キングのフェロモン満載な最後の言葉が聞きたいよ~。
せしこの元気いっぱいかつ、色気のある表情が見たいよ~。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6859747535162946"
data-ad-slot="3217385715"
data-ad-format="auto">


5/8(日)って、バウでは公演予定がないので
たぶん、バウはライブ中継会場の一つになるんじゃないか
と踏んでいます。
外部会場(映画館)などでは、
貸し切り時間に制限もあると思うのですが、
せめてバウでの上演に限って
千秋楽挨拶、退団者挨拶までやってほしい!
やってください!宝塚歌劇団様!!
お願いします!!
土下座でもなんでもします!
お金は…
もうすでに出せるだけは出してるんで勘弁してつかさい。。。
げへへ。


ライブビューイングの会場の発表は3/31になるようです。
今頃雪組Pが全国の映画館に打診しているのかしら…
頑張れ雪P!頼むぞ雪P!!


そして、もう一つ、
夕方に心配なニュースが。

月組全国ツアー公演
休演者のお知らせ

まんちゃん(貴千碧)が3/24の岩手公演より休演とのこと…。
もしかしてインフルエンザかな…。
本公演でももちろん大変ではありますが
全国ツアー中のインフルエンザは、より心配です。
ずっとホテルを転々としている状況で
ゆっくり休めているだろうか、とか。
ただでさえ人数少ない状況で回っている中、
彼女の穴はどのように埋めるのだろうか、とか。

まあ、 インフルエンザと決まったわけではありませんが
何は無くとも、一刻もはやく復帰出来ることを
祈るばかりです。

まんちゃんがんばれー!!
復帰待ってるよ~~!!

 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

志村貴子さんの「淡島百景」というマンガを読みました。

架空の(と言いつつ、明らかに宝塚なんだけど)
歌劇学校生を舞台にしたオムニバス風のマンガです。

ずっと気になっていたんですが、ようやく1巻を読んでみました。


切ないな~。つらいな~。
宝塚を知っているので、「歌劇学校」というものが
どんな世界なのか想像しやすく、分かりやすい。
ただ、「知ってるけど知りたくない世界」
というのが正直な感想かな。。。


タカラジェンヌたちは、元はただの少女たちで、
私だってタカラジェンヌになり得たし、
同じ学校に通っていたあの子が急にタカラジェンヌになる。
なんてことももちろんあり得る。それは分かってる。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6859747535162946"
data-ad-slot="3217385715"
data-ad-format="auto">


分かってるけど、私はタカラジェンヌにはやっぱり夢を見てる。
同じ生身の人間だってことは十分承知した上で
そういったことは一旦無視して舞台で輝く彼女たちを見てる。


女同士のドロドロや、
親の元で大切に育てられた子たちが
まだ10代半ばで厳しい寮生活をする辛さなど。
私の想像を超えるものがあるんだろうな、
ということは分かった上で、それに気がつかないようにしている。

だから、このマンガの登場人物の
少女たちの悩みや辛さは、
知りたくなかったな~。
という気持ちになる。

大好きな宝塚を目指す少女達には
いつだって幸せで楽しく生きていて欲しい。
という願望が強いだけに、
彼女たちの辛さなどは見たくない。
…ただのワガママなだけなのかもしれないけれど。。。

1
巻は、音楽学校に入学してすぐ(と一部過去編)
なので、少女たちの成長物語というよりは

世界観や登場人物たちの紹介的なエピソードが多い。
これから彼女たちがどんどん輝いていく様子が見られるのかもしれない。
その中で徐々に登場人物たちの晴れやかな顔が見られるのかもしれない。

1
巻では、みんな伏し目がちの表情をしていたイメージなので、
これから明るい未来に向けて進んでくれることを期待してる!


マンガは、今1巻が発売されていて、
1
話と最新話はWEBでも読めます。

http://www.poco2.jp/comic/awazima/

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

すごく…残念なことがありまして。
というか、私が馬鹿なだけなんですが…。

来週末に星組大劇こうもりのチケットを取っていたです。
でもすっかり忘れていたのですが、
来週末関東から母と妹が我が家に泊まりにくるんです。
そして夫の実家訪問と京都観光をする約束をしてしまったんです。
母親接待しながら観劇に行く方法を一生懸命考えたのですが、
どのルート選んでも、
「母親から激怒されるエンド」しかたどり着けませんでした。

仕方がないので、職場の、最近宝塚にハマりかけている同僚に
声をかけたら二つ返事で「行く!」と言ってくれたので
譲ることにしました。
(こういう時、職場で日々布教活動していてよかった!
と感じますね)

そんな訳で、私の星組観劇は4月の半ばまで伸びることになりました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6859747535162946"
data-ad-slot="3217385715"
data-ad-format="auto">


それがショックでねぇ…
すごく楽しみにしてたんですよ。
こうもり、なんだかものすごい好評じゃないですか。
みんな好き勝手やっていて、
どこがアドリブか分からないっていうじゃないですか。
お歌とダンスが満載だって言うじゃないですか。

お衣装も素敵ですよね。
博士チームってただの白衣かと思っていたら
なんですか、あの、ショーで着てきそうな
グラフィカルな模様は!?

そして、ショー、ジ・エンタテイナー。
102期生のロケットもあるじゃないですか。
タカラヅカニュースの初日映像の情報だけでも
死ぬほど楽しそうで、かっこ良くて、もうもうもう…

つらい!
早く観たい!!

そういえば、、、
今日は星組のOneVoiceと
宝塚巴里祭の組み分けが発表されましたね。
OneVoiceは
「…選抜メンバーが各々の歌声を披露するVOCAL中心のステージ」
と説明がありますが、、、
てことは、=巴里祭メンバーは歌がイマイチな選抜メンバー
ってことですかね!
ちがうよね!
ごめんね!かいちゃん!!
(私はかいちゃんが好きです)



はぁーーーーー
早くこうもり観たいなぁ…


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

激情、観てきました。
次期月組トップ就任発表あってから
初めての公演ということもあり、
いろいろ期待して観てきました。

激情、アパショナード共に何度も再演されている演目だけに
どうしても以前やっていたものと比べてしまいがちではありますが
だからってわけじゃなく、 
たまきちの横顔がちえちゃん(柚希礼音)
に見える時が度々ありました。
なんだろう…頬骨の…影?
ちえちゃんもたまきちも頬骨が高いので
横顔のシルエットが似てるんですね。

さて、そんなたまきちホセですが、
優しいんです。
そして、どこまでも正直でまっすぐ。
そして、、、弱い。
ちえちゃんのホセよりも、
その優しさや弱さが前に出ていた気がします。
だから、後半のジプシーのボスの時よりも
前半の軍人の時のほうが私は好きです。
後半のホセはカルメンの尻を追いかけるばかりで…
なんだかなぁ。。。
たまきちって、正統派で真面目な役の方がしっくりくるよなぁ。
(とか言いつつ、だからこそ、たまきちの悪役がとても見たい。
良い意味で私を裏切って欲しい!!と思ってる。)

そして、ちゃぴちゃん(愛希れいか)カルメン!!
自由で悪い女!!
一つ間違えればとても下品になる所を
美しくコケティッシュに演じきっていました。

かちゃ(凪七瑠海)は作者のメリメ役と
ジプシーのボスのガルシア役を
上手に演じ分けていて、さすがです。

アリちゃん(暁千星)のエスカミリオは可愛かった!
アリちゃんは演目をこなすたびにどんどんしっかりしてくるようですね。
ただ、もっと若々しくやってくれても良かったかな~。
無理して男ぽくしているような感じがしたので、
アリちゃんはアリちゃんらしく、
天真爛漫で、闘牛や賭けが大好きで元気なエスカミリオでも良かったかも。


そして、アパショナード!!
楽しい!!どうしても冒頭の
顔だけ男状態のところは笑ってしまうのですが。
第4場の総踊りのシーンでは、
宙組バージョンではなかった客席降りが!!
私は今回上手側の席だったのですが、
上手側通路にはアリちゃん、、、、が通ったのは覚えているけど
それ以外が思い出せません!!ごめんなさい!!

宙組バージョンではみっちゃんがやっていた
ヴァンパイアの役はカチャがやっていました。
それがですね…
すごく素敵なんですよ!!
紫吹淳さんを彷彿とさせる黒髪ロングの
うっとりとした妖艶な目つきのヴァンパイアなんですわ。

ヴァレンチノのシーンでは
宙組バージョンでは花影アリスちゃんがやっていた
ナターシャの役はちゃぴちゃんがやっていました。


そしてそして、誰もが待っている(であろう)
男役の女装!!

ラバンダ=宇月颯
クラベル=貴千碧
ネグロロサ=輝月ゆうま
トゥリパン=優ひかる
ハスミン=夢奈瑠音
ペンサミエント=蓮つかさ
ビオレタ=暁千星

宙組の時もそうですが、
ネグロロサが一番笑いがでますね。
(なにせネグロロサは唯一歌わず存在をアピールして
通り過ぎるだけ!笑うなという方が無理!!)
というか、どんな演目でもそうですが、
なぜか男役の方が女役をやるとどうしてもオカマに見えてしまう。
不思議…!

あ、ちなみにですね、
宙組ではすみ花ちゃんがやっていた
オルキデアはかちゃがやっていました。
ちゃぴちゃんは花影アリスちゃんがやっていた
グゥパロサの役でした。
かちゃだと女装しても笑えないからかな。(ちがう)

その後、ライオンになったたまきちが客席から登場したり
レンジャー姿の宇月颯くんが色気たっぷりに踊ったり、
見どころたっぷりです。
もちろん後半の燕尾も…最高!!

とにかくアパショナードは再演に次ぐ再演をされているだけあって
ひたすらどのシーンも楽しくて見入ってしまいます。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6859747535162946"
data-ad-slot="3217385715"
data-ad-format="auto">


---------------------------------
ここから、演者でなく演目自体に関する感想。
(不真面目な表現多数)

いやぁ。。。激情ね。。。
登場人物誰にも共感できねーーーー!!
全員わがまますぎるんだわ。
何かっつーとナイフ持ち出すしね。
こわいよーーセビリアこわいよーーーー。

あと、ホセ、人殺しすぎ!!
最近の若いものはカッとなりやすい、なんて言いますけどね、
ホセはそんなレベルじゃないですよ。
真面目な奴がキレると何しでかすか分からない。
っていうのを分かりやすく表現してるのがホセなんじゃないかな。
ほんと怖い。ホセ怖い。
あまりに人が死ぬので、
もう「激情」じゃなくて「死神」って名前でもいいんじゃないかとすら思う。

カルメンのわがままぷりも見ててひどいな、って思うんだけど。
でも唯一共感出来たのは、
ホセが「お前のために…」って言ったのに対して
「お返しがほしいの?それは愛じゃない」
って言うところですかね。
それ、わかるーーーー。
私も若いころは「お前のために」って言われるの嫌いだった~~。
と、思わず女子会トークしそうになる。
女子会トークといえば、
ジプシー仲間の憧花ゆりのさんが出てくるシーンは
全部女子会トークに見えました。
女子会トークっていうか、会社の頼れる先輩との会話。って感じ。
私もこんな先輩身近にほしいな~。って思いながら見てた。

激情は、この熱いセビリアの世界観や、
ただ愛だけに生きて身を滅ぼす二人を見守るのがいいんですよね。
分かってる。
このくらいでやめておきます。

で、アパショナードです。
上の方でも散々比べて書いているのでお気づきでしょうが、
宙組のアパショナードが好きで好きで何度も見ているので
どうしても比べてしまうのです。
でも、宙組の時は生で見れなかったので
「これが、生のアパショナード!!」
というだけでもう感激。

やはり、今回は今回で月組用として部分部分変えているので
それはそれで大変楽しい。
一番の違いは「第16場」ですかね。
宙組では祐飛さんが軍隊?レンジャー風の格好をして
銃を構えて踊っていたシーン。
今回はたまきちとちゃぴちゃんが
それぞれライオンとしまうまになっており、
レンジャー姿の宇月くんたちに撃たれる。
という話になっていました。
たまきちは優しく爽やかだけど、でもあの恵まれた体躯は
どうしてもワイルドな雰囲気を醸しているから
ライオン最高に似合ってた!!

あと、さすがだな、と思ったのが
男役燕尾群舞のカチャ。
手の動き、顔の表情、本当にささいな所なんだけど、
色気がパない。まじ、パない。
たまきちも、もちろんかっこいいんだけど、
たまきちのカッコよさは、ワイルドで一生懸命なカッコよさ。
例えるなら、運動部のエース。
ひたすら目の前の勝利に向かって突き進む、
青春真っ只中にいる、汗臭い男のカッコよさ。
あの色気はやっぱり経験の差なのかなぁ。

それで思ったのが、
また数年後に、たまきちがやる「激情」と「アパショナード」を観たい。
ということ。
今でも、研9とは思えないくらい
かなり出来上がっているたまきちだけど、
あと数年して、もっともっと円熟したら
どんな姿を見せてくれるのかな~、と楽しみになった。



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回書ききれなかったので
引き続きるろ剣大劇千秋楽の感想を。
千秋楽、、、というより、普通に観劇感想、
というか、自分的備忘録です。。。


※前回記事※ 
【宝塚雪組】【るろ剣】大劇千秋楽観劇感想!おつかれさま雪組のみんな!


■ちぎちゃんがどんどん痩せていく…
元々痩せているちぎちゃんですが、
観に行くたびに痩せていっている気がしました。。。

慣れていったせいもあるでしょうが、
殺陣の動きもどんどんスピード感が増していったように見えました。
回を重ねれば重ねるほど剣心とちぎちゃんが一体化した感じに。

東京までの間に少しでもいいから休んで、
また元気いっぱいの剣心を見せて欲しい!!

 

■みゆちゃんの声が枯れてる…!

今回のみゆちゃんのお役は「剣術小町」と呼ばれる元気でハキハキした女の子。
そのためセリフも大声ではっきり言うものが多いです。
だからなのか、千秋楽ではなんとなく、声が枯れていました。

おそらく高音を出すのが大変だったのでしょう、
銀橋で剣心を思って歌うシーンでは、
高音キーがないメロディに変更になっていました。

みゆちゃんも東京までの間少しでもいいから
休んで喉を休めて欲しいです!!
(とか思っていましたが、ふたりとも
さっそくローマの休日の制作発表出てましたね…)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6859747535162946"
data-ad-slot="3217385715"
data-ad-format="auto">


■ガトガトありガトー!!!
ガトリングガンのだいもんのアドリブは
「ガトガトありガトーーーー!!!!」
でしたね。
なんとなく{千秋楽~~~~~」とか言うかな~。
と思っていたので、そうきたかーーー。という感じでした。

■新選組の斎藤一と他2人
冒頭の新選組の斎藤一(咲ちゃん)と一緒に出てくる
新選組隊士2名が月城かなとくんと、永久輝せあくんなのは
小池先生から観客へのプレゼントだと思っています。

かなとくんの青天!りりしくて涼やかで素敵だわ~。
若くてかっこいい二人の新選組衣装姿を見られただけで
チケット代の元は取れている気がする。


この三人組で加納を追いかける前、
咲ちゃん斎藤一がくわえていたタバコを投げるのですが
(それにしても斎藤一はタバコをポイ捨てしすぎ!)

千秋楽では、そのタバコが上手セットの柱に当たって舞台に戻って落ちる。
なんてことがありました。すごく気になってタバコの行方を追っていたのですが、
暗転した後になくなっていました。


■フィナーレの御庭番が好き!
フィナーレでの男役の群舞の時の、
よくよく見ると、衣装キラッキラで表情もキラッキラなのに、
メイクだけ御庭5のままなんです!!
お芝居では主に暗闇で動いていた御庭番衆が
フィナーレでは明るい光を浴びて笑顔なのがたまらない!! 



結局るろ剣滅茶苦茶ハマっている。
どれだけでも感想が書ける。。。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は大きな発表が2つもありましたね

発表その1:花組退団者

鳳 真由
七輝 かおる
<花組退団者のお知らせ> 

 

なんででしょうね・・・私、Pちゃん(鳳真由)がやめると思ってなかったんですよ。

もう少し頑張ってくれるかな、って。
それよりあきら(瀬戸かずや)の方が辞めちゃうんじゃないかな、
って心配してたんですよ。
先日バウ主演決まったのも退団前の餞なんじゃないかと・・・。
 

そうだよね、、、Pちゃんもそろそろだよね・・・
P
ちゃんのほがらかなのにクールな性格大好きでした。
コミカルなお芝居はもちろん、真面目な役どころの時も
P
ちゃんならではの、温かみのあるキャラに仕上がっていて。

路線ではないかもしれないし、渋め男役でもないかもしれない。
でも絶対にこういうタイプの子が必要なんです。

本当に悲しいです。。。

せめてだいもん(望海風斗)がトップになるまで劇団に残っててほしかったな。
P
ちゃんにはだいもんがトップになった様子を近くで見ていて欲しかったな。
なんて、勝手な要望ですが、ついつい思ってしまいます。

 

Pちゃんかわいいから、もしかして結婚するのかしら。

だとしたら、気持よく送り出してあげなければね。。。くすん。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6859747535162946"
data-ad-slot="3217385715"
data-ad-format="auto">

 

さて、もう一つの大ニュース。

発表その2:月組次期トップ発表
<月組 次期トップスターについて>


以前、私はブログ上で
「次期月組トップは紅さんだと思う」
と言い切っておりました。

 

<【宝塚】月組次期トップについて勝手に考える>

http://komegumi.blog.jp/takarazuka/tsukigumi/20160308.html


見事に外れましたね!!
でもそれはいいんです。

次期月組トップはたまきちくん(珠城りょう)でした!!
おめでとうございます!!

 

・・・と、おめでたいことなので、お祝いを言いたいのですが・・・
気になるのは、たまきちが、まだ研9だってことです。
前のブログにも書いた通り、彼にはもう少し二番手の経験を積ませて欲しかったな。
というのが正直なところです。

どうして彼をそんなに早くトップにしたのかな・・・。
たまきちは、いずれトップになるだろうな、とは思っていましたが、
それは「今」なのかなぁ。
ちょっと辛辣な書き方をしますが、たまきちくんは
歌、踊り、お芝居、どれも満遍なく出来るけれど、個性がまだあまりない。
ビジュアルも、舞台を生で見れば、彼のパワーをすごく感じるけれど
映像になった時はそれが伝わってこない。
でも、それはまだ彼が若いからであって、
これからトップさんの元で二番手としてきちんと経験を積めば
絶対数年後には誰にも文句の言われないトップになっていたはずなんです。

前回書いた、「月組トップは紅さんだと思う」

というのは、ある意味私の願望でした。
それは上に書いたような意味もありました。

それなのに・・・
なんで今なの・・・誰得なの・・・

みやちゃん(美弥るりか)や、
かちゃ(凪七瑠海)はどうなるのかな。
まあ、たまきちトップで彼ら二人もいなくなってしまったら
あまりに月組は若返り過ぎてしまうと思うので
たぶん残ってくれると思うんですけど。

彼ら二人のことを考えると、素直に喜べないですよね、
そしてそういった状況を一番理解して辛い思いをしているのは
誰よりもたまきちなんじゃないかな、と思うと余計辛いです。

たまきち!トップ就任おめでとう!!
絶対大変だと思うけど、頑張れ!!

それしか言えね!





 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ